ABOUT

京都市北区上賀茂にある 古今整体室がつくった KOKON NO SARASHIです。 * ○古今のさらし○ 古今のさらしは妊娠中や産後の方、腰痛のある方、猫背気味の方などの 緩みがちな骨盤を締めて安定させるものです。 自然素材なので通気性・吸汗性に優れ、気持ちよくご使用頂けます。 ご使用とお洗濯を繰り返すたびに、どんどん巻きやすく馴染んでいきます。 巻き慣れると簡単に微調整が効き、自身の体型にぴったりとフィットさせることができます。 * ○特徴○ 一般的なサイズのさらしを折って使用したり、生地の耳(ほつれ止め)の部分を残したまま使用すると、部分によって伸びに差が出るためぴったりとフィットせず、当たりの悪さや蒸れ、かぶれ等を起こすこともあります。 古今のさらしは、お肌にやさしく、やわらかく密着するよう生地のかたい耳部分をあらかじめ取ってあります。そして折らずに巻いて頂ける、ちょうど良いサイズに作ってあります。 * ○素材、染色法について○ 古今のさらしは一般的なさらし(洋晒)ではなく伝統的な製法で作られる和晒(わざらし)を使用しています。 和晒は生地を引っ張ったり伸ばしたりせず、ストレスをできるだけ加えずに時間をかけて不純物を取り除き、真っ白に精錬漂白します。 綿の繊維を傷めないため洋晒に比べ耐久性が高く、綿布の本来持っている柔らかさを損ないません。 また染料は環境や身体への安全性に配慮し植物の葉や茎、根など天然の素材から抽出したものを使用しています。化学染料に比べ色のコントロールが難しく色落ちしやすい点はありますが、自然な色合いや微妙な色味の違いを楽しんで頂ければと思います。 * ○お洗濯の注意点○ * 汗や汚れがついたら、放置せずにすぐ手洗いを。 * 漂白剤や蛍光剤入りの合成洗剤、石鹸、ドライクリーニングは避け、ぬるま湯、もしくは少量の中性洗剤を水に溶かして手洗いする。 * 色移りをさけるため、単独で手洗いする(濡れた状態で他の布に触れると色移りする。特に濃色のものは注意)。 直射日光を避けて、陰干しする。 生地の端のほつれが気になる時は、引っ張らずに糸をはさみでカットしてください (使用を繰り返すうちに、このほつれは少なくなっていきます)。 * 古今のさらし詳細 https://note.com/kokonseitai 古今整体室 603-8052 京都府京都市北区上賀茂松本町15 ニュー北山ビル201 電話:050-6872-5811 kokonseitai@icloud.com 時間:9:00-19:00 休日:日・祝